カテゴリー別アーカイブ: airbnb

『なぜ、多くの外国人がいま日本を訪れているのか?』 

Airbnbは新しいトレンドとなり、需要+規制+法律との交差点上にいる。

 

2015年にはこの新しいサービスを使い年間100万もの人(ゲスト)が日本に滞在した。

 

物件登録数は2万物件(ホスト)全国のセブンイレブンの店舗数を超えた。

 

そもそも

 

『なぜ、多くの外国人がいま、日本を訪れているのか?』

 

をテーマにブログを書いてみようと思う。

 

まずは、この映像作品をご覧になって欲しい。

 


SNS上でバズっていたこの映像は日本の魅力を逆輸入しちゃったドイツのクリエイターの作品
(彼の他の国々を取り上げた作品も魅力的です。)

 

こりゃ日本にきてくれるわけだわ。

 

だって、

 

魅力的だもん。日本。

 

 

まず提供する僕ら側が日本を大好きでないといけないし、知らないといけない。

 

そして、

 

その魅力を伝えていかなくてはいけない。と思っている。

 

日本を訪れる47%のゲストは東京に訪れる。(大阪・京都は38%)

 

ただ、ゲストに行きたい東京のスポットを聞くと

 

新宿歌舞伎町の『ロボットレストラン』だとの答えがある度に違和感を感じる。

 

ロボットレストラン

 

東京中をド派手な宣伝広告車が走っていた理由がわかった。

 

我々ホストはゲストの旅のコーディネーターとしての役割も大きなポイントになっているのだが、

 

ホストの固定観念ではなく、本当にゲストが求めているモノを提供する必要があるのだ。

 

ゲストの目的を果たしてもらうお手伝いをすることがサービスになる。

0031
なぜならゲストの多くは目的を達成し自分の旅を楽しみたいだけだからである。

 

もちろんアクティブに観光を楽しんでもらうためのクリーンな部屋の提供は当たり前の話で

 

それがホストサービスとなり、評価される。

 

その評価に比例してリピートをも生む好循環なビジネスモデルになっている。
0013

上記データから、全体の54%と過半数の滞在者は新興アジア各国の方々であることがわかる。

 

各ホストによってエリア・価格・その他条件が違うためこの数字は様々であると思うが、

 

自社データを紐解くと今の所、欧米諸国の利用者が37%と若干多い。

 

旅行経験値が高い欧米諸国の方々と新興アジア各国の方々とでは来日の目的がまるで違う。

 

これはおもしろい実例とデータがあるので改めて後日、記事にしようと思っている。

20160526022048

 

 

ビザの緩和と円安

 

特に新興アジア各国からの観光客増加の背景にはビザの緩和措置が大きく関係しているが

 

これまで障壁の高かった日本への入国に対しての間口が一気に緩まった事と

 

円安も重なったうえにLCCの急速な普及が年間200万人もの観光客を日本へ向かわせた。

 

そして、今後さらに増加傾向にあるし、ダークホース的な彼らは純度の高い可能性の塊

 

おもしろい事に多くの新興アジア各国の旅行業は華僑企業が牛耳っている。

 

近い将来フィリピン版『爆買いバスツアー』が開催されるかもしれない。

TOKYO, JAPAN - FEBRUARY 20: Tourists wait to enter a tax free store after getting off a tour bus in the Ginza shopping district on February 20, 2015 in Tokyo, Japan. Tourists celebrating the Lunar New Year are visiting Japan, where the weak yen attracts shoppers. With eased visa conditions for Chinese tourists, department stores, hotels and other outlets nationwide are swarming with customers from China, Taiwan and Singapore. (Photo by Chris McGrath/Getty Images)

 

国策であること

 

この理由が本質的に一番の割合を占めている。日本は観光立国として成功する必要がある。

 

『なぜ、多くの外国人がいま、日本を訪れているのか?』

 

の答えは

 

『多くの外国人に日本へ訪れてもらわないといけないから』だ。

 

 

つまり、観光して多くお金を使ってもらう必要があるということを認識しなくてはいけない。

 

その為のビザの緩和であり、免税店、爆買いバスツアー、LCC…etc ってことになるが、

 

より長く循環させることが重要で、日本に訪れ続けてもらわなくてはいけない。

 

本当に幸いなことにこの国にはそれを達成できる魅力があり、仕組みがある。

 

その為に僕らはトライ&エラーを繰り返し、サービスをアップデートしていく。

 

Airbnbのサービスはこの大きな流れの一部でしかないが、

 

大きな可能性とチャンスを秘めていると僕らは考えている。

 

東京や大阪・京都だけでなく地方の多くの街と、より小さなレベルである個人それぞれに

 

チャンスがあることが本当に素晴らしいと思う。

 

出典:https://unsplash.com/photos/Dl6jeyfihLk

Airbnbを始めよう! vol.1

皆さんお久しぶりです。

前回はAirbnbの基本情報についてお話をさせて頂きましたが、
皆さんの一番気になる部分はやはり”どうやって運用を始めたらいいの??”
ですよね?

そこで今回は運用開始までの流れについてお伝えいたします。

 

1.物件を用意する

当たり前ですが物件がないとAirbnbは出来ません!!
Airbnbを始める第一歩なのですが、実はここが一番難関だったりします。

物件をお持ちではない方は物件を買うか借りるかのどちらかです。
購入の場合、初期コストが何千万や億レベルでお金が掛かるので大半の方は後者を
選ばれると思います。

しかしながら”Airbnbをやりたいのでお部屋を貸して下さい!”と元気よく不動産に駆け込んでも
ほとんどの場合追い返されてしまいます。
運よく見つかったとしても住居用としてお客さんが入りづらい条件の悪い物件だったりと始める前
からなかなかハードルが高いのが現状です。

そこで・・・

⇒【Goodhostなら】

◇転貸可能なAirbnb物件の紹介
◇物件契約、運営開始、運営後の管理まで手厚くサポート
◇利益最大化に向けての収支計画書の提示
◇収益保証プランの用意もあり!

シェアハウス運営で築き上げた弊社独自の不動産業界コネクションをフル活用して物件情報
を集めており、好立地、高収入が見込める物件の紹介が可能です!
物件の良し悪しで収入が決まるといっても過言ではないでしょう。
ここは迷わず業者に相談することをオススメします!

 

2.お部屋をセッティングする

”部屋を借りたけど何を用意すればAirbnbに掲載できるの?”

極端な話、お部屋にお布団を用意すればリスティング作成はできます。
しかしそんなお部屋にゲストは泊まりたがるでしょうか?

折角運営するのあれば収益を最大化させたいというのが皆さんの本音ではないでしょうか?

そんな時は・・・

⇒【Goodhostなら】

◇部屋の間取りにあわせ宿泊可能人数を最大化
◇短期宿泊のニーズに答えた備品のセレクト
◇外国人ゲスト好みに部屋をセッティング
◇リフォームの提案、業者の紹介も可能!

継続的に予約を獲得するには機能的かつオシャレな部屋作りは必須!
長年シェアハウスのコンサルティングを行ってきた弊社スタッフが実際に物件を見て
家具の配置や導入備品を提案いたします。

シェアハウスというニッチな市場で培ったノウハウを活かし、多様なゲストのニーズに答えた
ハウス作りに努めています。
安定して高収入を得たいという方は是非ご相談下さい!

 

3.運営を始める

運営スタートまでいくつもの壁を乗り越えてきましたがここからが本番です!
リスティング作成、写真撮影、メッセージ対応、価格調整、ハウス清掃、ベッドシーツ交換/洗濯、
トラブル対応・・・とすることは山積みです。

副業でAirbnbを始めたいという方も多いと思いますが、本業に影響が出てしまうほど忙しく
なっては本末転倒です。

それなら・・・

⇒【Goodhostなら】

◇プロによる撮影、充実した内容のリスティング作成
◇英語でのメッセージ対応によって確実に予約を獲得
◇シェアハウス清掃業者による部屋のクオリティ維持
◇細かい金額調整によってオフシーズンでも高稼働!

既に日本でも2万件以上のリスティング登録がされており、その中からゲストに選んで頂く為に写真、
リスティング内容にはこだわり抜いています。
またメッセージでのスムーズなやり取りにより予約確定率を高めており、
場合によっては英語で直接電話をすることによってチェックイン前から安心感を持って頂いています。

 

Airbnbを始める前に

”とりあえずやってみてダメなら運営代行にお願いしようかなぁ”という感じで始められるのも
良いですが、本文でお伝えした通りキチンと運営をするには結構な手間暇がかかります。

自分でやるのか任せるのか、十分に考えてからAirbnbを始めましょう!

Airbnbって何?vol.2 ~登録編~

訪日外国人の増加に伴い、深刻な問題となっているホテル不足。
その解決策として、今日本中が注目しているサービスがAirbnbです。

2-1
出典:https://www.eyeem.com/p/59269484

前回の『Airbnbって何?vol.1』では、
Airbnbがどのようなサービスかについて簡単にご説明しました。

今回は、実践に向けた第一歩。
実際に物件やお部屋を登録する際の流れについてご紹介します。Goodhostがどんな点に気を付けて登録をしているのか、そんな情報も合わせてお伝えいたします。

 

1.誰でも無料で登録可能!

空き部屋や空きスペース、空き家などがあれば、誰でもAirbnbで宿泊オーナー(ホスト)になることができます!Airbnbのアカウント登録はとても簡単。FacebookやGoogleアカウントを持っていればそれを用いて登録することができますし、メールアドレスでも登録することができます!まずはホストへの第一歩を踏み出しましょう。

 

2.一番重要なポイントは写真!

写真はお客様に選ばれるための重要なポイントです。

2-2出典:https://www.eyeem.com/p/44492478

初めての土地で、初めてのホストの家に泊まるゲストは、不安でいっぱい。写真で建物の様子や部屋の様子、周辺の環境、ホストの雰囲気などを伝えることで不安を和らげ、興味を持ってもらうのに効果絶大!できるだけいろいろな角度から写真を撮り、余すところなく魅力を伝えましょう。

⇒【Goodhostなら】

◇専用のカメラ・レンズ
◇魅力的に見える配置・構図
◇明るさ補正の技術
◇写真に映える時間帯での撮影

4年以上シェアハウスを運営している私たちは、効果的な写真の撮り方・選び方も熟知しています。お部屋を広く・明るく見せる為に専用の機材も用意し、写真の補正なども自社で行うことが可能です。オシャレな家具を購入し、綺麗に用意したお部屋が、写真に映るとなんだか今一つ・・・。そんなお悩みもよく耳にします。一番大切な写真だからこそ、ここは思い切ってプロに撮影を依頼することをオススメします!

 

3.物件タイプ、設備を入力!

質問の流れに従い、詳細な物件情報の登録を進めていきます。
Airbnbでは、条件を指定して絞り込みながら物件を検索していくユーザーが多いので、数などはできるだけ正確に記載しましょう。物件のタイトルや物件の詳細には、より目に止まりやすいように駅からの近さをアピールしたり、ユニークな一押しポイントなどを積極的に記載してアピールしましょう!

2-3出典:https://www.eyeem.com/p/45714848

この情報の登録は、日本語でも対応が可能です。英語が苦手という方は、無理して少ない情報を掲載するよりも、日本語でより多くの情報を入力することをおすすめします。ただし、英語圏のお客様は『翻訳機能』を使用してその日本語テキストを読むことになりますので、細かい内容やニュアンスが伝わりにくい点は注意が必要です。

⇒【Goodhostなら】

◇英語担当スタッフが正確な英語で登録
◇記載内容もフレキシブルに対応が可能
◇外国の方が喜ぶ掲載ポイントを熟知
◇細かいニュアンスも伝わるのでクレームも回避

日本語入力も可能ではありますが、利用するのはほとんどが外国の方。
翻訳機能を通すと、どうしても細かいニュアンスが伝わら無い為に、料金や設備のやり取りで誤解が生じてしまう可能性があります。とはいえ、英語が苦手な方にとって、一つずつ辞書を使って調べていては、登録に多くの時間が取られてしまいます・・・。
その点、私たちには英語担当のスタッフがいるので安心です。その上、シェアハウス運営で外国のお客様を数多く対応してきた経験から、外国の方がどんなポイントを知りたいのか、どんな設備を喜ぶのかといったことも良く理解しています。写真と同様、登録に必要な情報のテキストも、プロに任せることで大幅な問合せ増加に繋がります。

 

4.料金を決定する!

料金は、今後の運営に大きく関わる部分です。もちろん運営状況に合わせて随時変更していくことは可能ですが、登録時に具体的な料金を決めるには、どのように考えていけばいいのでしょうか?

2-4出典:https://www.eyeem.com/p/12199545

料金は自分で自由に決めることができますが、高すぎて人が来ない!安すぎて損してしまった!という事態に陥らない為に、まずは周辺の類似物件を調べて相場を知りましょう。Airbnbで場所や物件タイプなどを絞り込み、周辺の類似物件を比較することで大体の値段は算出出来ます。周辺ホテルの値段も合わせてチェックするとより効果的です。料金は頻繁に見直して、ゲストの変動する需要に応えていきたいものです!

⇒【Goodhostなら】

◇旅行需要等の変動の分析
◇近隣のイベント等による料金設定
◇有効な長期割引の設定
◇空室に応じて価格の調整

料金の設定は意外と面倒な部分です。一泊の料金を決めて、後はそのまま…というのは大変もったいない設定です。ホテルの値段を思い浮かべて頂けると分かるように、平日と祝日、ハイシーズンとオフシーズン、近隣のイベントの有無などで、金額設定は細かい調整が必要です。安すぎる設定にすると予約がすぐに埋まってしまう為、一度判断を誤ると、やり直しがききません。
その点、わたし達は常に近隣の情報を収集し、最適の値段設定をしているので料金に無駄がありません。また長期滞在のお客様を逃さないよう、滞在期間に応じて割引のオファーを出すなどゲストに合わせた対応が可能です。直前まで空室がある際には料金をディスカウントするなど、毎日フレキシブルに対応をしています。

 

お小遣い稼ぎだけじゃない、ホストの魅力

いかがでしたか?Airbnbサイトへの登録は決して難しくありません。貸出を迷っている方も、まずは登録してみることをオススメします!テキストを入力してページが出来上がれば、今日からホストデビューです!なんだかワクワクしてきませんか?

2-5出典:https://www.eyeem.com/p/20372826

空き部屋を活用することでお小遣いになるという部分に魅力を感じる方は多いかもしれませんが、Airbnbでホストをする魅力はそれだけではありません!普通に生活していればなかなか交わらない各国の人々と、日本にいながら知り合うことができるのです。日本の良さを分かってもらい、好きになってもらえたら嬉しいですよね。

ぜひ、ホストへの第一歩を踏み出し、世界中の人と繋がりましょう!!

Airbnbって何?vol.1

最近ニュースでもよく耳にするようになったAirbnb。
訪日外国人にはすっかりおなじみのこのサービスも、日本人にはまだまだ未知。

深刻なホテル不足を解消し、日本の「おもてなし」文化を発揮するためには、
まずこのAibnbについて皆さんがよく理解する必要があります。

 

Airbnbで190ヶ国以上の国に泊まろう!

airbnb3
出典:https://www.eyeem.com/p/50612645

Airbnbとは、宿泊場所を提供している個人の「ホスト」と泊まりたい「ゲスト」を繋ぐ
ネット上の宿泊予約システム。登録されている国の数は、なんと190ヶ国以上!
空き部屋や空き家を持つ現地の人が、自由に宿泊場所を掲載しています。
ホストになる為の条件は『貸したいお部屋がある』ただそれだけ。
泊まる方の「ゲスト」も好きな国とエリアを選び、写真を眺めながら気に入ったお部屋を
web上で簡単に予約することができるのです。

 

現地のホストと仲良くなれる!

airbnb2
出典:https://www.eyeem.com/p/33730690

Airbnnの良い所は、なんといっても現地のリアルな暮らしが出来ること!

現地の人が宿泊場所を提供しているため、ホテルに宿泊するよりも、
その国・その地域の生活により近づくことができます。
通常、旅行先ではなかなか現地の人と仲良くなるのは難しいですが、
Airbnbを利用することでふれあいきっかけになり、お互いの理解も進みます。
日本らしい「おもてなし」文化を個々のホストで演出することが出来ます!

 

お城も島も、まるまる貸切!?

airbnb1
出典:https://www.eyeem.com/p/37540359

Airbnbには、登録するホストの数だけ様々な宿泊形態があります。

それは、ベッド1つから家一軒の貸切り、お城、洞窟、ゲル…果ては島ひとつに至るまで!この豊富なバリエーションが、普通の旅行では叶えられないような夢を
実現させることができるのです!
日本人にとってはメリットとは言えないような、畳・布団・古い家具や置物も、
外国のゲストから見たら興味深い立派なアートかもしれません!

 

千円台から数十万円というバリエーション

airbnb4
出典:https://www.eyeem.com/p/7179027

気になる宿泊代金ですが、提示されている1泊の料金はホストによって様々で、
千円台のものもあれば、数十万円のものもあります。
つまり、予算からも選べる幅は大きいということ!
一泊料金を安くして学生さんやバックパッカーを迎えるのも良いですし、
高めの設定で立地や家具にこだわってホテル顔負けのラグジュアリーな空間を
演出するのも楽しそうです。

 

Airbnbで、日本で暮らそう。

airbnb5

出典:https://www.eyeem.com/p/50299166

Airbnbを使えば、世界中のあらゆる場所、様々なシチュエーション、希望の料金、ホストの人柄などから多角的に宿を選ぶことができます。
日本は今、深刻なホテル不足と言われる一方で、空き家問題に悩まされているという、なんとも歯がゆい状況です。世界中の人が楽しく幸せに日本を旅するために、Airbnbはこの先さらに拡大していくと予想されます。

 

おもてなしの文化が根付いている日本人にとって、世界中のお客様を迎い入れることの出来るこのサービスはぴったりではないかと思います。ホストとゲストの笑顔が、今後日本にもっともっと広がるといいですね。

サイトオープン致しました。

open
2015年9月1日にGOOODHOSTサイトオープン致しました。
いろいろなairbnbを行う代行会社があると思います。

僕たちGoodhostは収益だけではなく、日本にくる海外の方がより暮らしたいと思う部屋作りを主眼におき、ビジネスを拡大していきたいと思っております。

何かありましたがお気軽にお問い合わせください。
なにとぞよろしくお願い致します。